胸を垂らさないためのクリーム・グッズ

授乳中は胸が垂れる!?絶対バストキープするブラの選び方とは?

2018 09 26 16h55 44 - 授乳中は胸が垂れる!?絶対バストキープするブラの選び方とは?

世間一般的には産後の断乳、卒乳後に胸が垂れるというのはよく耳にします。

しかし事実として授乳期間でも胸が垂れてしまうことが多々あるのです。

授乳期間でバストが垂れてしまうと、ますます断乳、卒乳するまでにバストが垂れていきます。そうならないために普段から気を付けておく必要がありますね。

でもどんな風に気を付ければいいのかわからない方はまずはブラから変えていくことが大切です。

授乳期間用のブラがあるのはご存知でしょうか?

ブラを変えることで垂れない胸をつくることができるもの。今回は母乳期間中のママさんでもできる胸が垂れないための対処法をご紹介しますね。

母乳によって胸が垂れるとは?

2018 09 26 16h56 41 300x192 - 授乳中は胸が垂れる!?絶対バストキープするブラの選び方とは?

母乳によって胸が垂れてしまうといった悩みは多く寄せられています。

特に胸が大きくなったり、小さくなったりを繰り返すことで結果的にしぼんでしまうことが多々あるのです。

よくよく自分の胸をみてみると胸が垂れているように見えたり、授乳後に胸をみると変形していたり、下に垂れているようにみえたり…

こうなると母乳育児期間で既に胸が垂れてきていることを意味しますよね。

母乳育児が与える胸への影響は?

母乳育児が胸へ与える影響は様々なことが考えられます。

生命を預かっているために仕方のないことではありますがしっかりケアもしたいですよね。

なぜ母乳を与えると胸が垂れるのでしょうか?

乳房の大きさ変化

まずは授乳時に乳房が大きくなったり小さくなったりすることで、皮膚が伸びてしまうことがあります。

一度伸びた皮膚を元に戻すのは少し時間がかかると思っていたほうがいいでしょう。

また胸そのものが大きくなるのが母乳期間。そこを過ぎると徐々に胸がしぼんくるのです。

乳房が重くなる

母乳期間の乳房は大きくなることから、重量が増します。

すると乳房を支えていたクーパー靭帯が重りに耐え切れなくなり伸びてしまうのです。

クーパー靭帯は伸びる分には元に戻りますが、一度切れてしまうと二度と戻らないために日頃から意識をしておいたほうがいいでしょう。

姿勢が悪くなる

母乳期間中は背中を丸めて赤ちゃんに吸わせるようにします。

この姿勢が続くと胸の筋力も低下してきて最終的には筋力低下に陥り、バスト全体が垂れてしまうのです。

本来姿勢はまっすぐ胸を張った状態が正しいですが、どうしても母乳の時だけでは悪くなりがち。

姿勢にも意識をしましょう。

一番意識したいのは抱っこをしているとき。赤ちゃんの顔をみていると思いますが、その姿勢は胸筋の筋力低下を引き起こします。

もしできることならベビーカーに乗せる、左右均等に力がかかる抱っこひもなどを活用するといいでしょう。

つまり母乳期間は誰もが胸の垂れやすい期間であることは言えますが、実際に垂れていない人もいます。

この違いを生むのは今上げた原因をしっかり理解しそうならないよう実践しているからなのです。

早い対策は後に素晴らしい結果を生みます。

授乳ブラの選び方はどうすれば?

2018 09 26 17h19 16 300x209 - 授乳中は胸が垂れる!?絶対バストキープするブラの選び方とは?

ではここから授乳ブラの選び方を紹介します。

正直ブラは沢山ありすぎてわからない~。という方も多いですよね。でも授乳ブラをしっかり身に着けるか否かで胸が垂れるか垂れないかが変わります。

そして一番やってはいけないのが安いから買う。これはダメです。しっかり何が自分に合っているのか見定める目を養いましょう。

ブラによって使用感や着心地は全然違いますからね。ではどのように選んだらいいのでしょうか?

みていきましょう。

サイズはどうする?

特に妊娠中はバストが大きくなりますよね。しかしそれはある一定期間を終えると徐々に小さくなるのです。

あれほどパンパンに膨れ上がっていたバストが気づいたらあり得ないくらい小さくなっていた。なんてことはよくある話です。

つまり授乳後でもブラを変える必要があるのですね。だいたい妊娠すると2カップ程度サイズアップすると言われています。

もちろん個人差はありますが自分のバストの特徴を把握しましょうね。

元々胸が大きい人の選び方

サイズに余裕のあるブラを選ぶといいでしょう。元々胸が大きいひとは更に大きくなることもあるのです。

また重量感も増しますからたっぷりと包んでくれる大きめサイズのブラにしましょう。ポイントとしてはフックの数が多い授乳ブラがおすすめです。

重量感に関してはワイヤー入りの授乳ブラやストラップの幅が広いブラを選ぶことがいいでしょう。

特に大きいバストの方は肩凝りや、首コリも発症してしまうこともあるのでなるべくしっかりと全体を支えてくれるブラにしましょうね。

元々胸が小さい人の選び方

前述しましたが授乳期間になるとバストサイズが約2カップ大きくなります。

元々バストが小さめのAカップやBカップの方でもCやDになることは十分考えられます。まずはサイズが適正なものを選び、通気性や肌に合うものを選びましょう。

通気性はかゆみや汗もの原因にもなりますし、衛生状態を左右します。赤ちゃんのためにも自分のバストは清潔に保っておきましょうね。

ホールド感のあるもの

とても重要なポイントとしてホールド感があります。

胸をしっかり支えられているかどうかは大切な指標の一つ。違和感なく胸全体が包まれていることを確認しましょう。

そして最近ではワイヤーの有無に限らずホールド感の増してしる商品が沢山ありますね。

逆に締め付けが強すぎると血液循環が悪くなり、栄養素やホルモンがしっかり流れていかないことがあるので乳腺の発達にも影響を及ぼしまからご注意くださいね。

ワイヤーの有無

授乳期間は赤ちゃんのタイミングに合わせて頻繁に胸を出したり、しまいます。

この時にノンワイヤーは楽ですよね。なるべく胸の負担と手間がかからないためにもノンワイヤーがおすすめです。

ただしここは最終的には好みになるものですからご自身の判断にお任せします。どちらでも構いませんがなるべく手間がかからないようにしましょう。

肩の負担がないもの

肩の負担がないものも大切なブラ選びの一つ。

肩に負担がかかると、血液循環が滞り肩こりや首コリが発症します。すると毎日の痛みに悩まされ徐々に疲れがたまってしまいます。

できることなら肩に負担がかからない幅の広いストラップがおすすめですね。

幅の狭いストラップは重量とともに食い込み気味になります。しかし幅広ストラップは受け止めるカラダの面積が広いために力を分散させることができるのですね。

リュックも同じ原理ですよね。細いと食い込むけど、広いと全体で支えている感覚。

同じですね。

授乳しやすいもの

授乳しやすいブラとしてクロスオープンやストラップオープン、フロントオープン、ウィンドオープンの4種類があります。

あとは皆さんの好みによりますが、いかに手間をかけずに授乳体制に入ることができるか?ですよね。

ちなみに一番人気があるのはクロスオープンタイプと呼ばれるものですね。さくっと取り出しが可能になります。

おすすめはスウィートマミー

SweetMommy(スウィートマミー)は妊娠・授乳中のママがおしゃれに過ごせる「らしくない」マタニティウェアと授乳服の専門店。

ワンピース・フォーマルの品揃え充実しています!楽天ランキング連続1位の授乳ブラジャーやマタニティパジャマも販売しています。

【上下セットで500円割引】【メール便可】日本製 授乳ママの常識を変えた 伝説の美胸授乳ブラ 産前から使える【あす楽】《授乳服/出産準備/授乳用ブラジャー/授乳ブラ/ブラジャー/インナー/下着》[M便 4/6]

是非今回の記事を参考に皆さんなりにも授乳ブラを見つけてくださいね。

皆さんのこれからのバストを応援しています。頑張りましょう。

1 300x250 - 授乳中は胸が垂れる!?絶対バストキープするブラの選び方とは?