産後の胸を垂らさない方法

断乳、卒乳後に垂れた胸を美的に変えるバストアップ法とは?

2018 09 26 11h01 30 - 断乳、卒乳後に垂れた胸を美的に変えるバストアップ法とは?

断乳や卒乳してから胸が垂れてしまうことはよくあるものですよね。

気づくと自分の胸が小さくなっていたり、垂れていたりすることがあります。それに比べて授乳期間は胸も大きくなりパンパンに膨らんでいたのにそのギャップがまたショックを大きくします。

特にショックなのは、ハリのある胸から、しわしわが目立つ胸になってしまったこと。でもメカニズム上はどうしても授乳期間は胸が張ったり小さくなったりの繰り返しですから仕方のないことではあります。

ただしハリのあった時に比べると、なんだか年をとったようなこれまでよりも老けたような印象になることもありますよね。

女性はいつまでも綺麗でいたいもの。そして美しさをキープすることが女性の品格を磨くことに繋がるもの。

断乳、卒乳後に胸が垂れて悩んでいる人に、今回は美的によみがえるバストアップ法をご紹介したいと思います。

なぜ断乳、卒乳後に胸が垂れてしまうの?

2018 09 26 11h09 58 300x195 - 断乳、卒乳後に垂れた胸を美的に変えるバストアップ法とは?

エストロゲンの分泌量低下

断乳、卒乳後にはエストロゲンの分泌量が低下することが分かっています。

エストロゲンは女性ホルモンの一種でプロゲステロンとエストロゲンに分けられます。そしてこのエストロゲンは乳腺の発達を促進し女性の胸の張りや大きさを調節する機能を持ち合わせているのです。

特に断乳、卒乳後には胸のハリがなくなっていること、しわしわにしぼんでしまったこと、胸が感染に垂れてしまったことでショックを受ける方は多いものです。

しかし授乳中は毎日エストロゲンの分泌量も増加し、胸を膨らませたりしてきたわけですからその時期が終わればしぼんでしまうものなのです。

またエストロゲン分泌量が減ることで肌荒れが目立つことや、なんとなく年をとった気がするのはそのためです。

全てはエストロゲンが関連していると言えるでしょう。

筋肉量低下

産後は育児に追われ運動をする暇がない方がほとんどですよね。

すると忙しい毎日が続き、運動不足に陥ります。運動したくても外にでる機会がへることや、ジムに費やす時間がとれないことが問題となり、徐々に運動不足が蓄積されます。

するとカラダの構造上、大きな筋肉から分解してエネルギー源とするために、胸の筋肉が低下するのです。

その大きな筋肉の一つが大胸筋ですね。大胸筋はカラダの中でもトップ③に入る大きさの筋肉です。

つまり大きな大胸筋をエネルギー源として使用されることで胸を支えていたものが崩れ始め結果的に垂れてしまうのですね。

胸が大きかった人が垂れやすい

もともと胸が大きかった人は断乳、卒乳後でも胸が垂れやすい傾向にあります。

例えば授乳中に母乳ではなくミルクを飲ませていたとしても、もともとが大きいためクーパー靭帯への負担が大きく、胸が垂れやすいのです。

逆にもともと胸が小さい方は胸が垂れにくい傾向にあるのです。

断乳、卒乳を美的に取り戻す方法とは?

2018 09 26 11h02 26 300x197 - 断乳、卒乳後に垂れた胸を美的に変えるバストアップ法とは?

では具体的にどのようにしたら産後の断乳、卒乳後に待ち受ける胸の垂れを取り戻すことができるのでしょうか?

一度垂れてしまったからもう戻すことは無理なんじゃないか?そう思う方も多いと思いますが諦めないでくださいね。

誰でも垂れてしまった胸を取り戻すことができます。ではその方法をご紹介しましょう。

胸の筋肉を鍛えること

胸の筋肉は直接バストの大きさとは関係はありません。

バストは乳腺やクーパー靭帯、脂肪組織でできているため大きさには直接的な関係はありませんが、大胸筋を鍛えることで下から徐々に胸を持ち上げてくれる作用があります。

特に大胸筋の筋トレでメジャーなのは腕立て伏せですね。

筋トレと聞くと、少し苦手意識を持ちますが、実際にはハードな筋トレは必要ありません。

大切なのは継続できる筋トレすること。自分でもできることから始めましょう。

ジムに行ったほうが効果があったとしても頻度が落ちてしまっては意味がありません。それなら週に2回~3回自宅で10分程度の時間を使って筋トレするほうがよっぽど効率的です。

トレーニングの強度よりも、続けられる環境を持つことが大切ですよ。

実際に筋トレを始めて胸が戻った!ハリがでてきた!という声はいくつもあるのですからね。

こちらに効果的な腕立て伏せの方法が書いてありますので参考にしてみてくださいね。

垂れた胸を改善する筋トレの基本!腕立て伏せの効果的なやり方

食事を見直し女性ホルモン分泌を心がける

バストアップに効果的な女性ホルモンはエストロゲンが大きく作用していると前述しました。

このエストロゲンは乳腺の発達を促進させるためバストそのものを大きくする役割があるのです。

さきほどの大胸筋はバストそのものを大きくするのではなく、下から持ち上げる役割がありましたね。

つまり、大胸筋を鍛えて土台をつくり、エストロゲン分泌を増やしてバストそのものを大きくするといった2つの方向から取り組むことが大切です。

女性ホルモンの分泌を促進させる食事として有名なのが、大豆イソフラボンやボロンと言われるホウ素です。

大豆イソフラボンはその名の通り、豆腐、納豆、豆乳などに含まれており、ボロンはキャベツやりんご、はちみつに含まれています。

ただしどちらも摂取量には上限があることがわかっています。

焦る気持ちを抑えきれずついつい食べすぎちゃうこともありますが、食べすぎることで癌のリスクや女性ホルモン分泌過剰となり生理周期やPMS症状がひどくなることもあります。

しかし適量を毎日摂取することは効率よくバストを発達させるので何事もバランスよくということですね。

更に詳しく知りたい方はこちらの記事に書いてあります。

豆乳が垂れた胸に効果的!今日から始めよう大豆生活

垂れた胸にキャベツの効果!その知られざる真実とは?

サイズの合ったブラをつける(乳首も上向きに)

サイズの合ったブラをつけることはとても大切です。

妊娠前のブラジャーに戻すと形も大きさも変わっていることがほとんどなのでやめておきましょう。

ブラが緩いと、クーパー靭帯が伸びてしまい余計に胸が垂れてしまいます。特にノーブラは開放的で気持ちが良いものですが、何も支えるものがなくなるために更にひどくなります。

逆にバストを持ち上げようと圧迫されたようなブラにすると血液循環が悪くなることで、乳腺へのホルモン分泌が低下したりと逆効果になるはめに。

適度な自分のサイズに合ったブラをつけながら筋トレや食事で徐々に変えていきましょうね。

また乳首まで下がってしまった方にはおすすめな工夫があります。

それはブラジャーをつけるときに、乳首を上向きにして装着してください。すると毎日の習慣形成により乳首が上向きになりますよ。

ブラに関してはこちらの記事に書いてありますので参考までにどうぞ。

胸が垂れるのは何歳から?自分に合った正しいバスト習慣とは?

マッサージをする

マッサージは血液循環やリンパ液の流れを促進させ、バストアップに必要な栄養素を円滑に運んでくれます。

そこで自分でマッサージをするうえでの工夫として、マッサージクリームがおすすめです。

マッサージクリームは乳腺に働きかけ、乳腺そのものを大きくしていく作用があります。

乳腺は女性ホルモンによっても促進されますが更にここでクリームをつけることで相乗効果が狙えるということですね。

こちらが今効果があると人気のLUNAのマッサージクリームです。ぜひ購入して使用してくださいね。

バストマッサージクリーム【LUNA ナチュラルアップ クリーム】
0 - 断乳、卒乳後に垂れた胸を美的に変えるバストアップ法とは?

効果を感じるまでどれくらいの期間がかかる

今回紹介したバストアップの方法を全て取り入れたとして、個人差はありますが3ヶ月をみておくといいでしょう。

食事内容で効果を感じるまでには約2ヵ月、そして筋トレは細胞がすべて生まれ変わるのが約3ヶ月と言われています。

ちょっと長いな~と思うかもしれませんが、継続できればしっかり取り戻せるのです。終わってしまえばあっという間ですから是非諦めずに取り組みましょう。

まとめ

いかがでしたか?

断乳、卒乳後でもバストアップは確実にできます。もう一度自信のある胸をつくるためにも今回紹介した方法を実践してみましょう。

大切なことは習慣を変えることです。今のカラダはこれまでの習慣で出来上がっています。

つまりバストアップのための習慣を手に入れることができればどなたでもできるということですね。

皆さん諦めるのは早いです。今回の記事を参考にぜひ美しいカラダを作りましょうね!