胸を垂らさないための食事

驚くべき豆腐の効果!垂れた胸を戻すイソフラボンとは?

2018 09 23 12h20 37 - 驚くべき豆腐の効果!垂れた胸を戻すイソフラボンとは?

胸が垂れてきた方にとって食事はとても大切なもの。

胸が垂れると筋トレやマッサージ、ストレッチなどから始める方もいますよね。それもとても大切です。

ただし身体は筋肉と栄養でできています。そして特に忘れがちになるのが食事です。

食事に関しては痩せたい思いが強かったり、カロリーを気にしすぎて栄養が足りない人もいます。これでは栄養不足になり垂れた胸を取り戻すことはできません。

いくら筋トレをやっても、マッサージをやっても内面に栄養から変えていかなければいけません。

でも太りたくない気持ちもわかります。

こういう時に役立つのが豆腐などに含まれるイソフラボンです。低カロリー、高栄養なイソフラボンは胸の発達にとても大切な栄養素です。

今回は誰でも簡単に摂取できる豆腐に含まれるイソフラボンの秘密や効果をみていきましょう。

そしてキレイなバストアップを目指しましょうね。

豆腐に含まれるイソフラボンとは?

image column86 01 300x185 - 驚くべき豆腐の効果!垂れた胸を戻すイソフラボンとは?

豆腐や大豆製品全般に含まれる大豆イソフラボンは健康にはとても良い食品です。

特に女性には評判が高く、女性ホルモンであるエストロゲンの働きに似た性質を持ち合わせていることから今注目を浴びています。

女性ホルモンであるエストロゲンは女性らしい身体を作るのに欠かせないホルモンであり、もちろん胸の発達にも関連してきます。

しかし加齢や運動不足、睡眠不足によって減少してしまうことがあり、年齢を重ねるうえでは注意が必要でもあります。

イソフラボンと胸の関係は、大豆イソフラボンの摂取により女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が盛んになり乳腺の発達を促す働きがあるためにバストアップとなります。

逆にエストロゲンの分泌量が少なければ乳腺の発達が低下し小さなバストになることもありますし、その過程の中で垂れていくことも考えられるのです。

大豆イソフラボンの効果とは?

2018 09 23 11h55 12 300x198 - 驚くべき豆腐の効果!垂れた胸を戻すイソフラボンとは?

早速大豆イソフラボンの効果とはどんなものかみていきましょう。

特に最近では大豆イソフラボンは健康や美容に様々な効果があるために、垂れた胸だけでなく、女性特有の美容全般においても注目されています。

大豆イソフラボンには前述した通り女性ホルモン「エストロゲン」に似た作用と、体内に発生する活性酸素を除去する作用がある「抗酸化作用」、この2つの主な機能があります。

つまりバストアップしながら健康的な体をつくりだすことができるというわけですね。

バストアップ

大豆イソフラボンには女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用があることから乳腺を発達させることができます。

乳腺は女性ホルモンの影響で促進されるためにエストロゲンの分泌量で決まるところがあります。

しかし加齢とともに女性ホルモンの分泌量は低下していきます。20代よりも30代、40代と年を重ねるごとに低下しているために食事の見直しは必須になりますよね。

でも、毎日少しづつ継続してイソフラボンを摂取することで乳腺が発達し、一度垂れてしまった胸でももう一度バストアップに繋がることがわかっています。

美肌効果

大豆イソフラボンには美肌効果があることが知られています。それはエストロゲン作用による美肌効果が要因です。

皆さんはイソフラボンの別の名前を知っていますか?実は別名「美のホルモン」と呼ばれているのです。

肌の弾力やハリの元であるコラーゲンを生成し、うるおいをもたらせます。

肌荒れは女性ホルモンの低下によるものとの研究もあり、常に女性ホルモン分泌を促すことが大切であると言えますね。

更年期障害の緩和

更年期障害は女性ホルモンバランスの崩れによる症状であり、身体的にも精神的にも不調になり、イライラしたり、気分の浮き沈み、ほてり、のぼせがあったりします。

特に40代~50代の閉経前後にかけて女性ホルモンは急激に減少し、その結果更年期障害を発症することがあるのです。

しかしイソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用があるために、ホルモンバランスを整え更年期障害を緩和すると言われています。

バストアップだけでなく更年期障害も緩和してくれるのは嬉しいですよね。

PMS(月経前症候群)の緩和

月経前症候群は月経開始3日~10日前から始まるものですよね。症状としては肩凝りや肌荒れ、イライラ、うつ症状などがメインで発症します。

ただし月経開始とともに症状は治まっていきますし、女性なら9割の方が経験されているものですね。

大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きを助けるのでPMSの改善効果があります。

生理不順の改善

生理不順で悩まされている女性は多いですよね。特にホルモンバランスが崩れてしまうと生理不順が発生しやすいのです。

通常生理周期は28日~35日と言われていますが、定期的に生理がこなかったり、体調不良を起こすことがあります。

また生理がこないと精神的な不安を抱えたり、産婦人科系の病気ではないか?と心配になる人もいます。

しかし大豆イソフラボンを摂取すると女性ホルモンのバランスを整えるために生理不順が改善されると言われています。

毎月の安定したホルモンバランスによってバストアップも健康も手に入れられるということですね。

抜け毛予防

女性の中でも気にする方が多い抜け毛。

この抜け毛予防にイソフラボンが効果的と言えるのです。

特にイソフラボンと女性ホルモンは関係性が高いため、髪の毛への栄養補強や頭皮の状態を良好にするため、現在も日々研究が進められている分野ですね。

イソフラボンの摂りすぎは悪影響?

2018 09 23 17h27 01 300x198 - 驚くべき豆腐の効果!垂れた胸を戻すイソフラボンとは?

イソフラボンは摂りすぎると身体に影響はあるのでしょうか?

念のために食品安全委員会による大豆イソフラボンの基本的な考え方において、摂取量目安として1日に7mg、そのうちサプリメントからの摂取は30mgに設定されています。

あくまで一つの指標であり、人によったり個人差があるので一概には言えませんがこのような上限であることを覚えておきましょう。

イソフラボン75㎎ってどれくらい?

納豆1パック(40g)で29g、豆腐1/2丁(150g)に約30mg、おから50gに5mg、味噌汁1人前に10mg、豆乳200mlに50mg、きな粉おおさじ1杯に14mg等とされています。

大豆食品から摂取する分には健康被害の報告は一切ありません。ただしなんでもかんでも摂りすぎは良くはないので気をつけましょう。

またくれぐれもサプリメントの摂りすぎには注意が必要ですね。上限の3mgを確実に超えないようにしましょうね。

豆腐を選ぶならどれがいい?

2018 09 23 17h41 09 300x198 - 驚くべき豆腐の効果!垂れた胸を戻すイソフラボンとは?

絹豆腐

絹豆腐に含まれるイソフラボンは150gあたり約3mgです。

300gの豆腐を摂取すると既に1日分のイソフラボンを摂取することになりますね。

まぁ一日に300gの豆腐を食べる人は少ないですけどね。でもバストアップのためと思ってがむしゃらに食べる方もいますが吸収面を考えると徐々に食べていくことが望ましいでしょう。

木綿豆腐

木綿豆腐に含まれるイソフラボンは150gあたり約4mg。

絹豆腐に比べて少し含有量が高いのがわかりますね。

これは最終的は作りたい料理や好みによって変わりますが、絹豆腐よりも木綿豆腐のほうがイソフラボンが含まれている量が多いということですね。

豆乳

豆乳は豆腐の中では最もイソフラボンを摂取しやすい食べ物であり飲み物であります。

よくコンビニに売っているパックの豆乳1本に含まれるイソフラボンは約41mg。

2本も飲むと飲みすぎになってしまうのですね。毎日1本の豆乳は最低限のイソフラボンを摂取する上で活用できると思います。

もし絹豆腐や木綿豆腐に抵抗のある方は豆乳生活を始めてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

豆腐や大豆全般に含まれるイソフラボンは女性ホルモン相乗効果を持ち合わせていることからバストアップには有効と言えますね。

最近胸が垂れてきたと感じる方は今日から毎日の食事の中にイソフラボンを取り入れましょう。

女性の総合的美を追求する栄養素ですから忘れないでくださいね。

1 300x250 - 驚くべき豆腐の効果!垂れた胸を戻すイソフラボンとは?