胸を垂らさないためのクリーム・グッズ

ウォーキングは胸が垂れる!?絶対垂れさせないグッズが必見!

2018 09 17 21h12 11 - ウォーキングは胸が垂れる!?絶対垂れさせないグッズが必見!

最近ではフィットネス文化が日本にも根付いてきたのか健康志向の人が増えてきました。

毎日の仕事に追われ、対人関係でもストレスを抱え、たまには運動でもして気分をリフレッシュさせたい。

そんな人が手軽に始められるウォーキング。ダイエットと有酸素運動の代表格でもあるウォーキングを続けることで胸が垂れてしまうという衝撃の事実があるとしたら…

あなたはショックですか?

えっ!痩せるために歩くことがいいからウォーキングを始めたのに胸が垂れるなんて嫌ッ!

でも痩せるのに有酸素運動が必要と言われているから走る体力も気力もないし…そもそも歩くだけで垂れるなら走ったら余計に胸が垂れてしまうんじゃないかと心配。

そんな声にお応えして今回はウォーキングで胸は垂れるのか?をみていきたいと思います。

ちなみにウォーキングと言えどもエクササイズ用だけではなく、普段歩いているのもウォーキングの一つとして考えましょう。

ウォーキングで胸が垂れる?

2018 09 17 19h56 06 300x210 - ウォーキングは胸が垂れる!?絶対垂れさせないグッズが必見!

結論から言いますとウォーキングで胸が垂れることはあります。

ウォーキングの動きは前進すると同時に上下に身体が動いているため胸が揺れていきます。

すると胸に負荷がかかってしまい、垂れることがよくあります。

なぜウォーキングで胸が垂れるのかを詳しくみてみよう

ポイントはクーパー靭帯にあります。

2018 09 15 14h44 32 300x148 - 産後に胸が垂れた!改善に時短10分筋トレがおすすめ!

クーパー靭帯はバストを支える大切な靭帯ですね。しかしウォーキングやランニングのような激しい上下の動きの中で衝撃を受けると靭帯が伸びてしまうことがあるのです。

伸びてしまったクーパー靭帯であればまだ良いですが、クーパー靭帯が切れてしまうこともあります。

一度切れてしまったクーパー靭帯は二度ともとに戻らないため筋トレやストレッチ、バストアップサプリなど使用しても戻ることはありません。

他にもクーパー靭帯が伸びる要因としては、普段の座り姿勢が猫背になっていないか?または筋力不足によって胸の下に位置する大胸筋が低下していないかも大切な要素の一つです。

様々な要因が兼ね合わさるとよりクーパー靭帯が伸びることになるので日頃の姿勢や運動不足は気をつけましょう。

普段のウォーキング姿勢にも気を付けよう

ウォーキングと言えども、運動目的でウォーキングをすることだけではありませんよね。

皆さんも会社に向かう時や、ごはんを食べに行くときもウォーキングをしています。実はここにも落とし穴があるのです。

2018 09 17 20h10 46 300x262 - ウォーキングは胸が垂れる!?絶対垂れさせないグッズが必見!

この3つのウォーキング姿勢をみてみましょう。

どれが正しいでしょうか?一目瞭然一番左側が正しい姿勢ですよね。でも皆さんもこのような正しい姿勢で歩いていますか?

歩きながらビルの窓に映る自分自身をチェックしてみてください。真ん中、右側のような姿勢になっていませんか?

中でも真ん中はひどい姿勢です。完全に猫背になっていることで、胸がそもそも垂れてきますしクーパー靭帯も伸びきってしまいます。

右側は奥深いのですが、ぱっと見胸をはって歩いているのでバストには影響がないように思いますよね。

しかしこの歩き方は後に腰を痛めてしまう歩き方なのです。骨盤の位置がずれているため後に腰痛や膝の痛みが発生し、身体を前かがみにしていないと苦しくなります。

つまり腰痛や膝の痛みを発症し、痛みを抑えるため身体が丸くなる。よって胸が垂れやすくなるということ。

最も早く胸が垂れるわけではないですが長期的にみると胸が垂れるリスクがあるということですね。

正しい姿勢はきれいな胸を約束します。朝起きて会社に向かう、友達と買い物へ行く、ごはんを食べに行く。二足歩行であるときはしっかり姿勢を整える努力をしましょう。

サイズの合わないヒールは胸が垂れる

2018 09 17 20h23 58 300x192 - ウォーキングは胸が垂れる!?絶対垂れさせないグッズが必見!

サイズの合わないヒールは胸が垂れます。

前述の画像をみるとわかりますが、姿勢は正しさをキープしていても無理して合わないヒールや靴を履くことで姿勢が崩れおかしな歩き方になります。

すると時間とともに胸が垂れてきます。特にソールの厚いものは体が前傾姿勢になり体全体が歪み、バストのトップである乳頭の位置が左右で同じ位置に来なくなり、洋服を着た際にかっこよく見えなくなります。

同じ方ばかりでかばんを持っていると、同じように体が歪み、バストのトップの位置が左右で変わりやすくなりますので気をつけましょう。

オシャレも大切ですが、健康であることと、内面を磨くことも忘れないようにしましょう。

また余談ですがヒールを履き続けるとふくらはぎが太くなります。これはヒールというのはつま先立ちで歩いているようなものですよね。

皆さん裸足になってつま先立ちをしてみてください。どうでしょう?ふくらはぎに力が入り続けませんか?

そうなんです。ヒールはふくらはぎの筋トレと同等のメカニズムなので、あまりにも吐き続けるとふくらはぎが発達し、ししゃも足になるので気を付けてくださいね。

ウォーキングで胸を垂らさないためには?

2018 09 17 20h30 38 300x195 - ウォーキングは胸が垂れる!?絶対垂れさせないグッズが必見!

適切なブラジャーを着用する

よくエクササイズ用ウォーキングにはスポーツブラを。そして日常では通常のブラと使い分けている人もいますよね。

確かに胸を揺らさないことが大切なのでスポーツブラもおすすめです。ただしデメリットは圧迫が強すぎると逆に乳腺や中の脂肪組織の血液循環不良が起き、しぼんでしまうこともあるのです。

しぼんでしまった胸は垂れるどころか小さくなりますよね。ダイエットでありがちな痩せたはいいけど同時に胸が小さくなったと聞くのはこのことです。

でも自分で正しい圧迫というのはよくわからないのが現実問題としてあります。そこで最近では適切なサイズでかつ、エクササイズ用にも日常用にも使えるブラが出てきました。

中でもモテフィット~ふっくらバストメイクブラ~は今人気の商品であり、ストレッチ、ヨガ、日常、睡眠中と全てに適応するブラです。

なかなか使い分けると洗濯ものが増えたり、通気性が悪かったりすると気になりますよね。このブラはそれらの悩みをすべて解決したブラでサイズ調整も簡単なため自分に合った無理のない程度で胸を包んでくれます。

これなら日常のウォーキング、エクササイズ用のウォーキングとそのまま着用して洗うだけですから手間がかからないですね。

胸を垂らさないためのサイズ感は簡単に調整できるためウォーキングしてもバストダウンの心配はありませんよね。

サイズの合った靴を履くこと

靴屋に行くとシューフィッターやシューアドバイザーの方がいるので選んでもらうのがベターですが、自分で選ばなければならない時もありますよね。

そういう時は自分で靴が合っているか確認する必要があります。

shoes 300x251 - ウォーキングは胸が垂れる!?絶対垂れさせないグッズが必見!


まずかかとがしっかりホールドされているかどうか?

指先の余裕は1~2㎝あるかどうか?

自分の足の一番広いところと靴の一番広いところが一致するかを見ましょう。

靴にインソールが入っている場合は、その上に足を乗せて見てみるとわかりやすいです。

この場所がずれると、靴の中で足がうまく収まらず、足に合った感覚がないだけではなく不快感や痛みを感じる場合もあります。

img 58040 1 300x224 - ウォーキングは胸が垂れる!?絶対垂れさせないグッズが必見!

ヒールも適切なサイズを選択し、キツすぎず、緩すぎずのサイズを何個か試しながら選びましょう。

ヒールは特に女性の方は使う頻度が多いため多少高くても良いヒールを履いたほうが健康面とバストのためにもなりますよ。

まとめ

いかがでしたか?

まさかウォーキングで胸が垂れるとは思いませんでしたよね。

ウォーキングと言えども皆さんは普段からエクササイズ用だけでなく、日常生活の中でも最も使うものです。

ポイントは姿勢にありましたね。日頃から姿勢を正す習慣や筋トレストレッチは取り入れておきましょう。

そして適切なサイズのブラを着用することで胸がしっかりホールドされウォーキングにおいても問題なくできます。

また細かいですが靴選びも十分に気を付けてくださいね。日常のちょっとした工夫やこだわりがきれいなバストを保つ秘訣です。